冬場の空気の乾燥

冬場の空気の乾燥

冬にはどうしても空気が冷気となって乾燥してしまいます。よく冬場のお肌のお手入れについては警告が出されていますが、髪の毛にも実は同じことが言えるんですね。ですからお肌をいたわるのと同じように髪の毛のケアにも注意を払った方が良いですね。通常私達の髪の毛は水分を12〜13%含んでいる、と言われています。この割合が低くなると俗にいう「髪の毛がパサつく」という状態になります。自分でも髪のパサつきを感じるようになると思います。これは髪の毛の表面のキューティクルがはがれてしまい、内部のタンパク質や水分が出てしまうから起こる現象なのです。このように髪の表面が傷ついてしまうと枝毛やキレ毛の原因になります。春日部 美容室傷ついたぐらいで収まればよいのですが、この状態を放置すると、さらに髪の傷みが激しくなり髪の成長そのものに影響が出てきます。冬の間中この状態で放置してしまうと、当然抜け毛や薄毛の原因になりますから、すこしでも乾燥に曝される時間を短くしたり、冷気や暖房の風に直接当たらない様に工夫する事が必要ですね。外出時にはニットの帽子をかぶるなどが良いかもしれませんし、クリームやワックスなどを使って髪をコーティングしておくことも効果があるかもしれませんね。